私の日記の最近のブログ記事

メガネの曇り解消方法

メガネを全く曇らせず食べるのもオシャレのひとつです。
ラーメン屋さんでラーメンをすすっているとき、メガネが曇ると恥ずかしいですよね。 しかし、メガネを外して食事をすることができない人もいます。 でも、まるでメガネをつけていることを忘れているかのように、麺類をすすって食べている人もみかけます。 ここでは、メガネを曇らせずに麺類を食べたい!という方のために、メガネを曇らせない方法をご紹介します。

これまでのメガネを曇らせない方法
これまでは、薬局などに売られている曇り止めを使用する方法が一般的でした。 また、その場しのぎに曇りを止める方法もいくつか紹介されてきたと思います。 最近では、マスクが鼻にあたる部分を内側に織り込んで曇りを止める方法もありますよね。でもこれは食事中には活用できません。 そこで、メガネのレンズを「防曇(ぼうどん)レンズ」に変えることをオススメします。

防曇レンズって?
防曇レンズは、字の如く、曇を防ぐレンズという意味で「ぼうどんレンズ」といいます。 これは通常のメガネに「曇りを防ぐ」特殊コーティング施したもので、水滴を作らせないように作られたレンズです。 既存のメガネに施すことができませんが、新規でメガネを購入する際には「防曇レンズ」を希望することができます。 デメリットとしては、一ヶ月に二回ほど自身の手でメンテナンスをする必要があり、ぼうどんレンズに曇りどめを施す作業が必要になります。 といっても、曇りどめと同じ要領なので気にするほどではありません。

もう曇らない!防曇レンズでオシャレに麺類を食しましょう!
メガネの曇り対策が上手にできれば、食事中のメガネも気になりません。 「あの人のメガネはどうして曇らないんだろう?」という眼差しをメガネ人から投げかけられます。 そんな瞬間のあなたはとってもオシャレに映ることを保証します。(経験者は語ります) 防曇レンズの価格ですが、安い物で3000円からあります。あとはレンズの度合いにより価格が異なります。 ラーメンやうどんをかっこよく食べきるためにも、今日から防曇レンズに買い換えてみてはいかがでしょうか?

ママの誕生日も無事に終わり、今現在は何もないシンプルな毎日を送っています。
そんな中で見つけた私のお気に入りが「100円ショップのトートバッグ」です。

白地に「Rosso Bianco」の黒い文字しか書かれていないのですが、

ママは今年で40です。そして私は22歳!この年齢を考えるとママがとってもわかい頃に私を産んだということがわかるとおもいますが、これまで私のママは私を育てることに夢中でおしゃれには無縁の生活をしてきました。本当ならブランドのバッグをひとつくらいは持っていてもいい年齢なのに。

女性から絶大な人気を誇る「ピーチ・ジョン」のブランディングディレクターを務め、衣装デザイン、アートディレクションなど多岐に渡る活躍のほか、自身のブランド「ドスカトーキョー(Dosqa Tokyo)」のデザイナー、そしてイラストレーターとしても注目を浴びている三浦大地さんと、イニシャルプリントが人気を集めるバッグブランド「ミストゥーラ」のコラボレーションが実現しました。

アンフェアどうなった?

今日は彼氏とアンフェアを観に行く日!
一体どんな雰囲気の映画館なのか気になるけど、やっぱりどんな映画館でもアンフェアは見逃したくない!映画館のメリットってなんだろう?ちょっと考えてみた!映画館で映画を見るメリット!普通のTVモニターでみるよりも迫力があって?臨場感があって?気分がリアル?ってことだよね?でもデメリットもそれなりにあるよね?映画をみるための料金とか...。あ、でもそれを上回るメリットがあるからみんな映画館でみるのかな。

近所のリサイクルショップ

ブランドバッグ ジュエリー、時計、ブランド品、ファッション、きもの、カメラとかが近くにあるリサイクルショップに並んでいたのでびっくりですw
一度もいったことがなかったお店なんですが、今日、そのお店はリサイクルショップだってわかりましたw

レディースリサイクル?なのかな?メンズ物は一切なくて、まるでネット通販を目の前でみている感じw
ブランドバッグリサイクル通販っていう名前なのですがw他のアイテムも沢山あってたのしめました。

バッグって中古を買う時はメルカリくらいしか利用したことがなかったから、ちょと新鮮な気分です。
あ、ちなみに今メルカリは 【必ず当選】最大100万円分のポイントがあたる夏休み出品キャンペーン開催 人気作品から参考書まで多数出品中!!とかっていうのをしているみたいです。
時間がない人はメルカリで楽しんでるようですね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち私の日記カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ